美容骨格ナビ

美容外科の視点から見た頬骨削り - 気になるフェイスリフト効果は!?

美容骨格の領域で最も相談が多いテーマの一つが「頬骨削り」です。頬骨やエラが突出していると感じ、それを小さくしたい、またはフェイスラインをスッキリさせたいと考える方々が、この切開手術を選択します。では、実際の頬骨削りの手術とは何か、またそのフェイスリフト効果について詳しく見ていきましょう。

頬骨削りとは、文字通り突出した頬骨を削る形成外科の手法です。頬骨の形状を整えるために行われ、その結果、顔全体の輪郭が改善されます。高い技術を要する施術であり、外科医の確かな診療と適切な治療方法が必要とされます。

この手術は、頬骨の突出する部分を削り、その後再度固定するというものです。施術は主に口腔内から行われ、皮膚を切開せずに行うことが可能です。そのため、手術後の傷跡が目立つことはありません。また、手術時間は患者の状態や希望によりますが、一般的には数時間程度を要します。

手術前には、医療専門家と患者の間で詳細なカウンセリングが行われます。手術の効果や可能性、リスクについて説明があり、患者が納得の上で手術を行います。手術は全身麻酔または部分麻酔下で行われ、術後の痛みを最小限に抑えるための配慮がなされます。

頬骨削りの結果、顔面のバランスが改善し、さらにフェイスリフト効果も期待できます。小さくなった頬骨は、引き締まった印象を与え、顔全体のラインを美しく見せます。また、頬骨周辺の脂肪を注入することで、さらなるリフト効果を得ることも可能です。

この手術に関しては料金面でも様々な選択肢があります。一部のクリニックでは料金の一覧が公開されており、手術の内容に応じた詳細な料金を確認することができます。これにより、患者は自分の希望や予算に合わせて手術を選択することが可能になります。

頬骨削りは、美容外科の中でも高度な技術を要する手術であり、その結果が直接、顔の印象に影響を与えます。したがって、信頼できる医療機関で的確な診断と治療を受けることが不可欠です。また、自身の顔の形状や肌の状態、希望する効果などをしっかりと医療専門家に伝えることも重要です。美しいフェイスラインを目指す方々にとって、頬骨削りは一つの有効な選択肢となるでしょう。

© 美容骨格ナビ